飛騨大鍾乳洞へ行ってみよう!

こんにちは!!美容×旅行ライターのIsomuraSetsukoです。みなさん、最近の休日はいかがお過ごしでしょうか?

家にこもってばかりの人もいると思います。

それでは、せっかくの休日が台無しですよ!
コロナ対策をして一緒に出かけて見ませんか?

今回は、岐阜県高山市の有名なスポットに行ってきました。
飛騨飛騨大鍾乳洞と大橋コレクション館の2箇所です。
誰もが1度は大鍾乳洞と聞いたことがあるのではないでしょうか?

日本一の高さの飛騨大鍾乳洞とは?
奥飛騨温泉郷と飛騨高山の間にある岐阜県高山市丹生川町にある自然で出来た洞窟です。
全長80メートルに及ぶ鍾乳洞です。

また、見どころはなんと言っても日本で1番高い場所にある鍾乳洞であることです。標高900メートルという高さにあるのが特徴的です。

夏に行くと、洞窟の鍾乳洞とあり涼しい気温で涼しく感じます。通年平均12度なんです。

こちらの鍾乳洞は、ペットも入館可能ですのでペットを飼われてる方はぜひご一緒にいかがでしょうか?

では、早速鍾乳洞を探索してみましょう。
飛騨大鍾乳洞は大きく3つに分けられています。

全ての鍾乳洞を回ろうとすると所要時間は、1時間かかります。各鍾乳洞には、出口が設けられており途中リタイヤも出来ますので無理されず回ることが可能なので安心です。

全体的なご紹介は、ここら辺にして中の鍾乳洞の素晴らしさを見ていきましょう!!
・第一洞 龍宮の夜景とストローと呼ばれるつらら

1番最初の第一洞の鍾乳洞には、龍宮の夜景とあり龍が住んでる都の夜の風景を再現しています。
幻想的な青色が綺麗で感動的です。

こちらでは、地下水の上に広がる蒼白の鍾乳洞の鍾乳石が見どころの一つです。


次に同じ第一洞で有名なスポットは、夢の宮殿と言われるところです。ストローと呼ばれるつららにが特徴的です。
都会では、あまり見かけられないもので不思議な世界観を味合うことが出来ます。

・第二洞 愛深スポット

第一洞と第二洞の途中を結ぶ道にありカラフルなトンネルは、幻想的なカラフル虹の色ライトで新たな始まりや人との関係が深まるように思える光景です。
・第三洞 月の世界

細い道を抜けた先には、細い道を抜けた先には、洞窟サンゴと言われる石が頭上に並んでおり大自然が作り上げる風景を目の前にすることが出来る。
・鍾乳洞の外には恋人の聖地がある?

鍾乳洞の外には恋人の聖地の場所が作られています。
誓いの絵馬や誓いの合鍵をかけることが出来ます。

このように、大自然を満喫できる鍾乳洞に行ってみませんか?
特にこれから暑くなる季節にはピッタリ!!

アクセス詳細
名称 飛騨大鍾乳洞
所在地 
所在地 〒506-2256
岐阜県高山市丹生川町日面1147
お問い合わせ 飛騨大鍾乳洞観光株式会社
0577-79-2211

営業時間 4月から10月 8時から17時
     11月から3月 9時から16時
定休日 年中無休※コロナなどの影響により変動あり
入場料 高校生以上 1100円
    小中学生  550円
交通アクセス
・お車でお越しの方
国道41号線高山市内より30分

・交通機関でお越しの方
JR高山駅より路線バスにて20分
いかがでしたか?飛騨大鍾乳洞に行ってみたい方は、ぜひお出かけ下さい。自然の神秘的な風景や不思議を!!

全国で有名なため、土日は混雑が予想されますので平日に行かれることをおすすめいたします。
ツアーが組まれるほどの人気スポットでもあります。

ぜひ、休日には遊びに行ってみてください。

また、隣接する大橋コレクションという鍾乳洞の歴史や高山市内に生息するお魚さんなどが展示されてます。
鍾乳洞の入場料だけで、入れますので帰り際には、お立ち寄りください。